確認したい国/地域
表示したい言語
こちらはIcecat LIVEのデモページです。Icecat LIVEを使えば、このような製品情報ページを御社Webにシームレスに挿入してお使い頂けます。Icecat LIVEと製品のデータシートは、リアルタイムで呼応しています。 Icecat LIVE JavaScriptを統合する方法

HP 1Gb DDR3 SDRAM 1x1Gb 1333MHz メモリモジュール ECC

X
ブランド:
The general trademark of a manufacturer by which the consumer knows its products. A manufacturer can have multiple brand names. Some manufacturers license their brand names to other producers.
HP
製品名:
製品名とはブランド固有の製品の名称であり、モデル名と称することもあります。ブランドによっては製品の一群を指すこともあり、必ずしも1商品につき1つと確定しているわけではありません。Icecat製品データシート上における製品名は、製品タイトルの名称にも使われています。
1Gb DDR3 SDRAM 1x1Gb 1333MHz
商品型番 :
チャネルパートナー様に対する、自由でユニークなサービス
NL658AV
カテゴリー メモリモジュール
データシートの品質: Icecatによるデータシート確認及び標準化
製品データシートの品質にはいくつかのレベルがあります。
ロジスティックデータのみインポート: メーカーから頂いた基本情報のみ記載しています。Icecatによるデータシートはまだ作成されておりません。
作成者HP: データシートは、メーカーの公式製品サイトからインポートされましたが、Icecatによるデータの標準化は完了していません。
Icecatによるデータシート確認及び標準化: このデータシートはIcecatによって作成/標準化されています。
閲覧回数: 6137
この統計は、次の情報に基づいています。 95028 eコマースサイト(Webショップ、販売代理店、価格比較サイト、ASP等システムプロバイダー)で使うためにIcecatデータシートをダウンロードしたい 無料でお使い頂けるOpen Icecatには、スポンサー企業様の製品情報のみ含まれます。 92827 無料のOpen Icecatユーザー.
データシート更新日: 07 Nov 2017 04:12:31
このIcecat製品データシートを最後に変更した日付
更に表示する>>>
サマリー(簡略版) HP 1Gb DDR3 SDRAM 1x1Gb 1333MHz メモリモジュール ECC:
これは自動で生成されたHP 1Gb DDR3 SDRAM 1x1Gb 1333MHz メモリモジュール ECC に関する製品データシートのサマリー(簡略版)です。製品タイトル及び最初の6つの主要な仕様を表しています。

HP 1Gb DDR3 SDRAM 1x1Gb 1333MHz, 1 GB, 1 x 1 GB, DDR3, 1333 MHz

製品概要(詳細) HP 1Gb DDR3 SDRAM 1x1Gb 1333MHz メモリモジュール ECC:
こちらはHP 1Gb DDR3 SDRAM 1x1Gb 1333MHz メモリモジュール ECC に関して自動で生成されたサマリー(詳細版)になります。最初に出てくる仕様群5つの中から3つの情報を抽出して生成しています。

HP 1Gb DDR3 SDRAM 1x1Gb 1333MHz. 内蔵メモリ: 1 GB, メモリレイアウト(モジュールxサイズ): 1 x 1 GB, 内蔵メモリ型式: DDR3, メモリクロック速度: 1333 MHz, ECC

機能
内蔵メモリ *
A computer's memory which is directly accessible to the CPU.
1 GB
メモリレイアウト(モジュールxサイズ) *
How the overall memory of the product is put together, defined by the number of modules and the size.
1 x 1 GB
機能
内蔵メモリ型式 *
The type of internal memory such as RAM, GDDR5.
DDR3
メモリクロック速度 *
The frequency at which the memory (e.g. RAM) runs.
1333 MHz
ECC *
ECC means Error Correction Code, and it is memory that is able to detect and correct some memory errors without user intervention.
Yes