X

Icecat-オープンカタログ

比較に追加する
ブランド:
The general trademark of a manufacturer by which the consumer knows its products. A manufacturer can have multiple brand names. Some manufacturers license their brand names to other producers.
Intel
製品名:
製品名とはブランド固有の製品の名称であり、モデル名と称することもあります。ブランドによっては製品の一群を指すこともあり、必ずしも1商品につき1つと確定しているわけではありません。Icecat製品データシート上における製品名は、製品タイトルの名称にも使われています。
SE7210TP1
製品コード :
チャネルパートナー様に対する、自由でユニークなサービス
SE7210TP1
カテゴリー :
The motherboard is the main printed circuit board (PCB) in servers and computers. It holds many of the crucial electronic components of the system, such as the central processing unit (CPU) and memory, and provides connectors for other peripherals.
サーバー/ワークステーション用マザーボード
データシートの品質: Icecatによるデータシート確認及び標準化
製品データシートの品質にはいくつかのレベルがあります。
ロジスティックデータのみインポート: メーカーから頂いた基本情報のみ記載しています。Icecatによるデータシートはまだ作成されておりません。
作成者 Intel: データシートは、メーカーの公式製品サイトからインポートされましたが、Icecatによるデータの標準化は完了していません。
Icecatによるデータシート確認及び標準化: このデータシートはIcecatによって作成/標準化されています。
データシート作成日: 02 Jul 2005
この日付は、チャネルパートナー様の価格リストに含まれている製品情報をIcecatが最初に認識した日付です。
データシート更新日: 06 Feb 2017 11:19:41
このIcecat製品データシートを最後に変更した日付
閲覧回数: 14613
この統計は、次の情報に基づいています。 68052 eコマースサイト(Webショップ、販売代理店、価格比較サイト、ASP等システムプロバイダー)で使うためにIcecatデータシートをダウンロードしたい 02-07-05 無料でお使い頂けるOpen Icecatには、スポンサー企業様の製品情報のみ含まれます。 66310 無料のOpen Icecatユーザー.
サマリー(簡略版) Intel SE7210TP1 E7210 ATX サーバー/ワークステーション用マザーボード:
これは自動で生成されたIntel SE7210TP1 E7210 ATX サーバー/ワークステーション用マザーボード に関する製品データシートのサマリー(簡略版)です。製品タイトル及び最初の6つの主要な仕様を表しています。
Intel SE7210TP1, ATX, Intel, DDR-SDRAM, 2100,3200 MHz, 4 ギガバイト, シリアルATA
製品概要(詳細) Intel SE7210TP1 E7210 ATX サーバー/ワークステーション用マザーボード:
こちらはIntel SE7210TP1 E7210 ATX サーバー/ワークステーション用マザーボード に関して自動で生成されたサマリー(詳細版)になります。最初に出てくる仕様群5つの中から3つの情報を抽出して生成しています。
Intel SE7210TP1. マザーボード フォームファクター: ATX. プロセッサー メーカー: Intel. 対応メモリー 型式: DDR-SDRAM, 対応メモリークロック速度: 2100,3200 MHz, 最大内蔵メモリー: 4 ギガバイト. ハードドライブインターフェース: シリアルATA. マザーボードチップセット: E7210
こちらはIcecat LIVEのデモページです。Icecat LIVEを使えば、このような製品情報ページを御社Webにシームレスに挿入してお使い頂けます。Icecat LIVEと製品のデータシートは、リアルタイムで呼応しています。 Icecat LIVE JavaScriptを統合する方法
デザイン
マザーボード フォームファクター*
Design of the motherboard (ATX, BTX etc).
ATX
プロセッサー
プロセッサー メーカー*
The manufacturer that produced the processor.
Intel
メモリー
対応メモリー 型式*
Types of memory which can be used with the product.
DDR-SDRAM
対応メモリークロック速度*
Memory clock speed is the time it takes for a computer to complete basic operations. It refers to the computer's processing speed and is measured in hertz. It is however not such a reliable measure of a computer's speed as it doesn't take into account other factors like RAM and cache size.
2100, 3200 MHz
DIMM スロット数*
The number of places where DIMMs can be connected. A DIMM or dual in-line memory module comprises a series of dynamic random-access memory integrated circuits. These modules are mounted on a printed circuit board and designed for use in personal computers, workstations and servers. DIMMs began to replace SIMMs (single in-line memory modules) as the predominant type of memory module as Intel P5-based Pentium processors began to gain market share.
4
最大内蔵メモリー*
The maximum internal memory which is available in the product.
4 ギガバイト
ストレージコントローラー
ハードドライブインターフェース*
The way that a hard disk drive (HDD) is connected to the rest of the computer through a 'bus' such as ATA or SCSI.
シリアルATA
RAID レベル
RAID is a storage technology that combines multiple disk drive components into a logical unit for the purposes of data redundancy and performance improvement. Data is distributed across the drives in one of several ways, referred to as RAID levels, depending on the specific level of redundancy and performance required.
1
インターナルI/O
USB 2.0 コネクター*
The end of a cable with a USB 2.0 connector. USB 2.0 was released in April 2000 (now called "Hi-Speed"), adding higher maximum signaling rate of 480 Mbit/s (effective throughput up to 35 MB/s or 280 Mbit/s), in addition to the "USB 1.x Full Speed" signaling rate of 12 Mbit/s. USB 2.0 connectors are usually colored black.
1
バックパネルI/Oポート
USB 2.0 ポート数*
Number of USB 2.0 ports (connecting interfaces) in the device. USB 2.0 was released in April 2000 (now called "Hi-Speed"), adding higher maximum signaling rate of 480 Mbit/s (effective throughput up to 35 MB/s or 280 Mbit/s), USB 2.0 ports are usually black.
3
シリアルポート数
The number of serial ports in a computer or peripheral. A serial port is a serial communication physical interface through which information transfers in or out one bit at a time. The term "serial port" usually identifies hardware more or less compliant to the RS-232 standard, intended to interface with a modem or with a similar communication device. In modern computers and peripherals, serial ports have largely been replaced by USBs and other interfaces.
2
イーサネット LAN (RJ-45) ポート数*
Number of Ethernet LAN (RJ-45) ports (connecting interfaces) in the device. Ethernet LAN (RJ-45) ports allow a computer to connect to the ethernet.
2
パフォーマンス
マザーボードチップセット *
The chipset connects the microprocessor to the rest of the motherboard.
E7210
拡張スロット
PCI スロット
1
PCI スロット
3
ネットワーク
イーサネットLAN *
An Ethernet LAN (Local Area Network) interface is present, for a wired conection via a cable.
Yes
イーサネットインターフェース タイプ
Fast Ethernet, ギガビットイーサネット
Wi-Fi *
Popular technology that allows an electronic device to exchange data or connect to the internet wirelessly using radio waves.
Yes
グラフィックス
パラレルプロセス・テクノロジー サポート *
Parallel processing technology is the simultaneous use of more than one CPU or processor core to execute a program or multiple computational threads. Ideally, parallel processing makes programs run faster because there are more engines (CPUs or Cores) running it. In practice, it is often difficult to divide a program in such a way that separate CPUs or cores can execute different portions without interfering with each other. Most computers have just one CPU, but some models have several, and multi-core processor chips are becoming the norm. There are even computers with thousands of CPUs.
Not supported
重量/寸法
横幅 *
The measurement or extent of something from side to side.
304,8 mm
奥行 *
The distance from the front to the back of something.
243,84 mm
BIOS
BIOS タイプ *
The BIOS (Basic Input/Output System) initializes and tests system hardware components, and loads a bootloader or an operating system from a mass memory device. The BIOS additionally provides abstraction layer for the hardware, i.e. a consistent way for application programs and operating systems to interact with the keyboard, display, and other input/output devices. There are several types of BIOS, including the motherboard ROM BIOS, video BIOS, drive controller BIOS, network adapter BIOS, and SCSI adapter BIOS.
AMI
BIOS メモリーサイズ
8 メガバイト